【MyLife】私のルールでいこう。My Rules=My Style

MyLife

昔から人と比べて勝手に落ち込んで、成功している人を見て勝手に焦って…
外見も内面もコンプレックス満載。
それが私の性格。

大好きなブログを新しく始めた今もその性格がまた出てしまってる。
そんな気持ちのことを今日は書こうかな。



ブログが好きな理由

昔からブログやSNSは大好きだった。
オシャレが大好きだったから、芸能人やモデルさんのオシャレな私生活を覗き見出来るSNSに夢中だった。
SNSが流行る前はスタイルブックも大好きだったな♡


SNSが浸透して一般の人たちもライフスタイルを公開する様になって、私もやってみたいと思うのにそう時間はかからなかった。

その中でもブログが大好きだった。
文章も写真もどっちもバランスよく載せられるし、私らしく自由にサイトを作り上げることが出来るから。


最初は本当に純粋に買い物で買ったものを残したくて、お買い物記録みたいなブログを始めた。
どんな感じで写真を撮ろうか、どんな文章を書こうかそれを考えるのが楽しくてブログにはまっていった。


ブログが楽しくなくなった日

ブログやSNSを始めると気になるのはやっぱりアクセス数やいいねの数。

全公開にするとこんな一般人の私でもいいねが結構きたことにびっくりして、でもそれが嬉しくて。
私がやっていたブログはアクセス数も出たから毎日アクセス数をチェックするのが日課に。

アクセス数に一喜一憂してどうやったらもっと見てもらえるかな?って考え出した。


毎日アップした方がいい。
コーデを載せたらアクセス上がる。
投稿する内容をまとめた方が見てもらいやすい。
自分の気持ちや感情を正直に書いて共感を呼ぼう!

とか検索したら出てくる様な小手先のテクニックを試してみたり、アクセス数が高い人の記事を真似してみたり。
でもこのテクニックは全部正解だと思う。
でもそれが自分にとっての正解ではなかったりするんだよね。



その内ブログやSNSに載せる為に買い物するようになった。
あんまり着ない服も映えるからってゆう理由だけで選んだり、あんまり好きじゃないけど流行り物を取り入れてみたり。

私は分析が好きだから、こんな感じに書いたらアクセス良さそうだなとかピックアップしてもらいやすそうってゆうのが結構分かったりする。笑
色々実践した結果、ブログがピックアップされてアクセスが上がったりと結果は付いてくるようになった。


でもそれを続けててある時思ったの。
これ本当に楽しいの?何のためにやってるんだろう?って。


もともと私は文章を書くのが苦手。
結婚式の花嫁からの手紙でさえ旦那さんに添削してもらって文章を考えてもらったくらい。笑
それに秘密主義だし自分の内面を正直に話したり言葉にするのも本当に苦手だった。
(今もまだ苦手。動物占いは羊)


これ書いた方がアクセス上がるかな?
これは載せない方がいいかな?
そんなことばかり考えて楽しさより、周りの反応ばっかり気にしてた。


そこで一気にブログは辞めたんだよね。
ブログに左右されるなんてバカらしくなって。


その頃からInstagramが流行りだして、オシャレが好きで写真も好きだった私は早速Instagramもスタート。
その時に誓ったの。

Instagramは私の好きなものだけアップしようって。


私のルールで良い

Instagramを初めてからは、大好きなものだけを好きなようにアップするようになった。
旅行のこと、ファッションやコスメのこと、置き画のこと。

毎日更新するとか私にとってハードルが高い目標もやめた。笑
何かに特化して極めるのも苦手だから、好きなものだけを好きな時にアップするようにした。


自分のルールを見つけて自分にとってのいいねを追求したら楽しさを取り戻したの。
何かに繋がるわけじゃなくても、写真を撮ることがとっても楽しかった♡

そしたら私の写真を好きと言ってくれたり、お仕事を頂けるようになった。
ブログも楽しみにしてますと言ってもらえたり。


人と比べて苦しくなるより、自分らしく自分のルールでやっていくことが大切なんだよね。



まとめ

写真だって私より上手い人は沢山いるし、ブログだってライターさんとか文章が上手い人は私より沢山いる。
でも私にしか撮れない写真だったり、書けない文章は絶対にあるはず。


私が書くブログなんて誰に読んで貰えているかなんて分からないけど、ブログもInstagramも根底には誰かの役に立てたらという思いがあります。


統一感の無いブログになるかもしれないけど笑、これも私だしこんな思いも記録として残していこうと思います!

人と比べず、自分らしく♡

MIYUKI

Pick up

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。